ヤマダ電機グループが広げる
”災害に強い家”

ヤマダ電機グループが本格的に住宅関連事業に参入したのは2011年8月のこと。そのきっかけのひとつには、同年3月に起こった東日本大震災がありました。震災以降の節電意識の高まりを背景に、全国の店舗における太陽光発電や蓄電池などに住宅を組み合わせたご提案を通じて、皆様の安心・安全を守る取り組みをスタートさせました。あれから9年、ヤマダ電機グループが追い求めてきた“災害に強い家”は、電気・飲料水を自給自足する新発想の注文住宅「NEXIS」に体現されています。

蓄電して家の電力をまかなう
太陽光発電+蓄電池システム

社会課題1

 住宅向け太陽光発電システムでは、屋根などに設置したソーラーパネルで発電した電力を家庭で使用し、あまった電力は電力会社に売電するのが一般的です。しかしソーラーパネルだけでは電力の備蓄ができず、天候や時間帯によって発電量が左右されるといったデメリットもあるため、災害時や停電時における対応力という意味では課題がありました。

取り組み1

 ヤマダホームズの注文住宅「NEXIS」は、太陽光発電システムと「AIオフグリッドシステム蓄電池」を組み合わせ、あまった電力を売ることなく大容量の蓄電池に充電することで、発電が行われない夜間や停電時に備える“災害に強い”住宅です。蓄電池は4人家族で使うピーク時の電力量に対応可能な10kWhの大容量を確保し、買電ゼロを実現※。一般的な蓄電システムでは、停電の際は家庭内で使用できる電気製品が限られますが、「NEXIS」は蓄電池から家庭内へ6.0kVA(60A契約相当)の電力供給が可能なため、すべての電気製品の利用が可能です。ただでさえ不安が募る災害時、ライフラインのひとつである電気の心配がなくなることは大きな安心材料と言えるでしょう。

※AIオフグリッドシステム蓄電池」によりオフグリッド生活が可能となりますが、非常用電源として電力会社との基本契約は必要となります

災害時の最重要ライフラインを確保
空気から飲料水を生み出す製水器

社会課題2

 災害時のライフラインの断絶によって、生活に最も深刻な影響を与えるのは「水」であり、その用途は飲用をはじめ、洗面・手洗い、トイレ、歯磨き、入浴など多岐にわたります。上水道は一度被害を受けると復旧までにかなりの日数がかかることから、災害時の備えとして家庭でも最優先に対策すべき事柄といえます。

取り組み2

 「NEXIS」は、断水時にも安心な“空気から飲料水を生み出す”製水器を標準搭載することで、最重要ライフラインを確保しています。その仕組みは、取り込んだ空気から高性能フィルターを用いて埃や塵などを取り除き、空気を強制的に温めて結露を作り水に変えるというもの。その水をろ過することで、1日に16~25リットル程度の安全な飲料水を生成することが可能です。また、できた水は定期的に循環させることで劣化を防ぎ、常に安全な飲料水としての状態を維持します※。空気を水源とする製水器は、災害時の有用性はもちろん、世界の水問題の解決にも寄与することが期待される技術です。

※1回程度のフィルター交換が必要です。水道法の「水質基準に関する省令」、水道水の品質基準で定められた厚生労働省指定の最も厳しい「51項目の検査」と同様の検査を行い、合格しています

地震大国日本の災害に対応
耐震構造&耐震シェルター

社会課題3

 地震大国として知られる日本で暮らす以上、地震への備えは誰もが常日頃から意識すべき課題です。地震被害で特に危険とされるのは、建物そのものの倒壊や家具の転倒・落下によるもので、その対策として耐震構造の住宅を選ぶことが非常に有効です。

取り組み3

 「NEXIS」は、国土交通省が認定する「長期優良住宅」の4つの性能基準における最高等級を標準仕様とし、そのひとつに耐震性があります。具体的には、地震に強い耐震構造を採用するとともに地震や台風に強い防災瓦を採用、これまで60年以上にわたって地震による全・半壊ゼロの技術で家族の安心を守ります。また、注文住宅のオプションとしてオリジナルの耐震シェルター(4畳半サイズ)を開発。2階建木造住宅の約3棟分に相当する100トンの荷重に耐えるなど※、いざという時の安心感を高めています。ヤマダホームズは「災害は必ず起こるもの」という考えのもと、これからも“災害に強い”住まいづくりを続けていきます。

※自社検証実験結果による

自然災害に備える業界初の保険商品
「ヤマダの災害安心保険」

 ヤマダは住まいそのものの安心・安全はもちろん、万が一への備えがそろって初めて「災害に強い家」になると考えています。ヤマダ少額短期保険が提供する「ヤマダの災害安心保険」は、地震・水災・風災・雹災・雪災・落雷などの自然災害による建物・家電・家具・生活雑貨の被害やご家族全員のケガや重度障害などを補償します。

 建物の構造・お住いの地域に関係なく保険料が全国一律で地震に加え近年頻発する台風や豪雨災害などに備えることができる業界初の保険商品です。保険料がヤマダポイントで払えるのもヤマダならではです。

VOICE

暮らしを支える安心・安全を提供

 ヤマダホームズの「NEXIS」は、東日本大震災をきっかけに開発が始まった“災害に強い家”のひとつの完成形であり、年々増加する自然災害への備えという意味でも社会のニーズを的確に捉えた住宅であると考えています。家電販売業界最大手であるヤマダ電機を親会社に持つ強みと、注文住宅の老舗ならではの知見やこだわりを組み合わせ、それらをパッケージとして提供することで価格以上に安心・安全なクオリティを実現しています。また、住生活全般の課題解決ビジネスを展開するヤマダ電機グループの一員として、災害保険や住宅品質検査などのサービスをワンストップでお届けできる販売体制も特長です。これからもヤマダホームズは、長きにわたってお客様の暮らしの安心・安全を支える家づくりに邁進していきます。

株式会社ヤマダホームズ
代表取締役 兼
執行役員社長

松本英樹