安全衛生方針

ヤマダホールディングスの安全衛生方針

  • あらゆるリスクを明確にし、労働災害ゼロを目指す活動を社員との良好なコミュニケーションの下に続ける。
  • 労働安全衛生法をはじめ関係する諸法令を遵守し、社内規程基準に基づき従業員の安全を確保すると共に過重労働対策として産業医の面接指導を継続して実施する。
  • 巡店活動を通じ、階段等での転倒防止の指導を継続実施する。
  • 非定常時の作業における責任ある推進体制の確立と作業後のチェックを確実に行う。
  • メンタルヘルス研修会の継続実施とストレスチェック実施によりメンタルヘルスの発生防止を図る。
  • 安全衛生教育・諸活動を実施し安全衛生意識の向上を図るとともに協力会社へも安全衛生方針を表明し、協力を要請する。
  • 衛生管理者選任必要店舗の資格取得の推進活動を継続実施していく。