CSRマネジメント

 ヤマダ電機グループはCSR理念やESGに対する考え方に基づき、家電量販店業界のリーディングカンパニーとして常に環境や少子高齢化などの社会変化を的確に捉えながら、「持続可能な社会の実現」に取り組んでいきます。

基本的な考え方

 ヤマダ電機グループは、経営理念に「創造と挑戦」を掲げ、自らの成長や社会の発展のためにさまざまな事業や取り組みを行っています。そして、社会とともに成長し続ける企業グループを目指すため、具体的な行動指針である「CSR倫理綱領」に沿って、ステークホルダーの皆様への「感謝と信頼」を基盤としたCSR活動を推進しています。

 加えてヤマダ電機グループが、今後も社会課題の解決に寄与し、企業価値を向上させる企業であり続けるためには環境・社会・ガバナンスへの配慮が必要不可欠と認識しており、社内外において積極的に取り組むことで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

CSR推進体制

 ヤマダ電機グループでは、グループ会社を含めたCSR推進強化とCSRに関するKPIの進捗確認の場として「CSR委員会」を設置しています。メンバーはサステナビリティ推進室長を委員長として、担当取締役で構成されています。また、CSR委員会の配下にある「コンプライアンス委員会」「労働環境改善小委員会」「CS向上小委員会」「環境関連小委員会」の4つの委員会は、個別活動の内容について議論し、今後の活動の目標の確認を行っています。グループ会社のCSR活動については、「グループCSR会議」を年に11回実施し、各グループ会社の取り組み内容の報告や情報共有を図っています。

 2019年10月には、持続可能な社会の実現に貢献する企業であり続けるため、事業を通じた社会課題の解決が不可欠であると認識し、対応部署を従来の「CSR推進室CSR担当部」から「サステナビリティ推進室 SDGs推進部」に変更しました。

CSR研修・教育

 2019年10月、ヤマダ電機本社にて、ヤマダ電機および関係会社の経営幹部を対象に、SDGs勉強会を実施しました。当日はSDGsの本質から、SDGsを通じて企業がやるべきこと、ヤマダ電機グループの事業が貢献できるSDGs課題などについて学び、理解を深めました。今後は、対象範囲を広げ、CSR浸透のためにヤマダ電機グループ全体で取り組んでいきます。

ステークホルダー・エンゲージメント

 ヤマダ電機グループは、お客様、株主・投資家の皆様、お取引先やビジネスパートナーの皆様、 社員や地域社会などさまざまなステークホルダーの皆様と、健全な対話を通じて、お互いが感謝、信頼し合える関係を築き、企業価値向上に努めています。

お客様
「お客様第一主義」による経営を推進しています。お客様のご意見を伺い、組織全体にお客様満足を浸透できるよう、社員教育を含めて継続的なサービスの向上に努めています。
<対話方法>
ヤマダ電機グループ各店における接客
お客様相談窓口
店長への直通アンケート(お客様アンケート)
ホームページ上での情報発信
社員
「人」が経営において最も重要であると考えており、社員が働きがいを実感できる仕組みを提供し、適正な人事評価を推進しています。同時に、社員の能力開発や労働環境の改善に努めています。
<対話方法>
研修・セミナー
改善提案制度
通報受付窓口
安全衛生委員会
社内アンケート
社内報「ハーモニー」
労使協議
人事担当役員と直接意見交換する制度「キャリアアップシート」
株主・投資家
株主の皆様からのご信頼とご期待に応えるため、持続的な成長を続け、企業価値を高めていくことを目指しています。また、適時・適正・公平な情報開示を行い、積極的なコミュニケーションに努めています。
<対話方法>
株主総会
投資家ミーティング
個人投資家向け説明会
決算説明会
個別訪問
海外投資家向けカンファレンス
お取引先・
ビジネスパートナー
メーカーをはじめとするお取引先の皆様と、健全かつ公平・公正な関係の維持に努め、長期的な信頼関係の構築のもと、共存共栄を目指しています。
<対話方法>
お取引先アンケート
昇栄会(ビジネスパートナーとの対話)
商談、配送・工事会社向けの研修
国・行政当局
政府や業務の所管省庁、地方公共団体と適切な関係を保持し、経営の推進に努めています。
<対話方法>
大手家電流通協会・生団連(国民生活産業・消費者団体連合会)との情報交換
税務署(青色申告のポスター掲示)
警察署(振込詐欺防止、交通安全集会など)
経済産業省・財務省(各種調査)
地域社会
全国の店舗網を通じて地域の皆様と深いかかわりを持っており、地域社会はグループの基盤であるといえます。ヤマダ電機グループは良き企業市民として、地域社会と共生し、信頼関係を深めていくよう努めています。
<対話方法>
地域復興
寄付および募金活動
各種ボランティア活動
陸上教室の開催
公益財団法人山田昇記念 財団の活動