SDGs達成に向けた重要課題

ヤマダ電機グループは、事業活動を通じ、
SDGsの目標達成に貢献すべく積極的に取り組んでいきます。

SDGs重要課題特定プロセス

 2015年9月「国連持続可能な開発サミット」において、国連加盟国が2030年までの実現を目指す17のゴールと169のターゲットからなる「持続可能な開発目標」が掲げられ、国だけでなく企業にも積極的な関与が求められています。ヤマダ電機グループは、SDG Compassに沿ったSDGsの理解浸透および取り組みの推進を図っており、2019年度はさらなる貢献を目指すため、SDGs達成に向けた重要課題を特定しました。

STEP 1
SDGsを理解する
初めのステップとして、SDGsの社内理解・浸透のために以下の取り組みを行っています。
SDGs研修の実施
SDGsピンバッジの配布
社内報を使用した周知
本社内でのSDGsのPOPによる周知
STEP 2
優先課題を決定する
17のゴールと169のターゲットに対し、ヤマダ電機グループの事業とCSR活動との整理を行い、次の5つの視点から今後注力するSDGsの11ゴールを選定し、達成に向けた重要課題を特定しました。
経営理念との整合性
SDGs達成への貢献度
ヤマダ電機グループならではの貢献ができるのか
業界の傾向
日本政府策定の実施指針との整合性
SDGs達成に向けた重要課題

快適な住空間の提供と社会システムの確立

家電・家具・インテリア・リフォームのみならず、「暮らしまるごと」を提案することで、社会に必要な存在となり、お客様の「住」を支えるヤマダ電機グループを実現していきます。

循環型社会の構築と地球環境の保全

販売した家電やパソコンのリユース・リサイクルを通じ、循環型社会の形成に貢献し、再生可能エネルギーの導入や環境配慮型製品開発・販売に力を入れていきます。

環境マネジメント
廃棄物削減
地球温暖化防止

社員の成長と労働環境の改善

人は経営において最も重要であるとの考えから、社員の人材教育、ダイバーシティの推進、ワーク・ライフ・バランスの保てる職場環境を構築し、事業の持続的な発展を実現していきます。

人材の確保・育成・評価
ダイバーシティの推進
ワーク・ライフ・バランスの推進
労働安全衛生
人権の尊重
STEP 3
目標を設定する
特定した重要課題に対し具体的な取り組み内容とKPIを設定し、PDCAを回していきます。

中長期方針

STEP 4 / STEP 5
・経営へ統合する
・報告とコミュニケーションを行う
2019年度以降は、具体的な取り組みとそれに対するKPIを経営計画に組み込んでいきます。進捗状況については定期的に報告し、ステークホルダーとの対話を進めていきます。