CSR月次活動報告

2020年度【CSR月次活動報告】
4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月
バックナンバー
2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度
2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度
2008年度          
2020年10月度CSR月次報告
トピックス
第104回日本陸上競技選手権大会

 2020年10月1日(木)~3日(土)、「第104回日本陸上競技選手権大会」がデンカビッグスワンスタジアム(新潟県新潟市)において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策が講じられたなかで開催されました。
 ヤマダホールディングス陸上競技部から5名の選手が出場し、男子400mハードルの安部選手が2連覇、男子ハンマー投の柏村選手が3年ぶり3回目の優勝、男子走幅跳の小田選手が準優勝、女子1500mの清水選手が自己ベストで6位入賞となりました。
 大会開催にあたり、大会関係者の方はじめ、地元新潟県の皆様のご理解とご協力に感謝申し上げます。
 ヤマダホールディングスは、これからもCSR経営の一環として、陸上競技部を通じ、スポーツの振興と地域貢献に取り組んでまいります。

トピックス
トピックス
トピックス
トピックス
「特殊詐欺電話対策装置」普及啓発動画DVD贈呈・放映式の実施

 2020年10月15日(木)、LABI1 LIFE SELECT 高崎の4階イベントスペース「LABI1 LIFE SELECT GATE」(群馬県高崎市)において、群馬県警察本部より当社に対し「特殊詐欺電話対策装置」普及啓発動画DVDの贈呈と贈呈されたDVDの放映式が行われました。
 群馬県警察本部が作成した「防犯機能付き電話機」(特殊詐欺電話対策装置付き電話機)普及啓発動画を当社の群馬県内18店舗での放映に先駆け、活用法を紹介する動画を放映しました。動画の中では、機器の機能や自治体による購入補助事業が紹介され、高齢者宅での積極的な設置を呼び掛けています。
 ヤマダホールディングスは、これからもCSR経営の一環として、地域社会の貢献活動に取り組んでまいります。

トピックス
CS(顧客満足)

修理・配送・工事

修理受付から完了連絡が9日以内の構成比

8月

30.1%

9月

37.5%

10月

44.3%

配送工事に関する重点教育テーマ

8月

・オンライン CS研修  17名

9月

・オンライン CS研修  13名

10月

・オンライン CS研修  11名

社員教育

8月

  5コンテンツ/     18,784名

9月

  6コンテンツ/     33,887名

10月

  8コンテンツ/     42,993名

管理職候補者教育

10月

店長候補者 84名 主任候補者 658名

テーマ
家電製品アドバイザーおよびスマートマスターの資格取得の取り組み

取り組み内容

家電製品アドバイザー及びスマートマスターの2020年9月試験が3密(密閉・密集・密接)に配慮した形で行われ、当社から以下の人数が合格いたしました。

家電製品アドバイザー合格者:301名
スマートマスター合格者:59名

次回、来年3月に実施予定の資格取得試験に向け、継続的な知識の習得に取り組むことにより、今後も、お客様のライフスタイルに沿った商品提案ができる社員育成を図って参ります。

お客様からのご意見・ご指摘
  件数 店舗人員 1人当たりの発生率
お礼・お褒め 44件 27,837名 0.16%
苦情 38件 0.14%
グラフ
グラフ
グラフ
環境活動
温室効果ガスCO2削減(単位:トン)
デマンドコントローラー ※1
グリーン電力(本社社屋) ※1
グリーン電力(本社社屋を除く) ※1
太陽光発電設置(高崎・千里) ※2
8月 9月 10月 年度累計
1,075.8 2,271.2 2,430.9 14,059.0
店舗屋上への太陽光発電装置設置による発電量(単位:kWh)
8月 9月 10月 年度累計
4,682,264 305,986 2,632,645 23,789,779
リユース・リサイクル事業
家電リユース(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機)(単位:台)
8月 9月 10月 年度累計
5,495 4,790 4,026 31,532
パソコンリユース(単位:台)
8月 9月 10月 年度累計
35,968 32,283 37,657 265,378
インクカートリッジ回収(単位:個)
8月 9月 10月 年度累計
87,659 96,985 95,181 621,207

※1 CO2換算係数:0.55㎏-CO2/kwh デマンドコントローラーは2019年度対比の削減量をCO2換算

ヤマダデンキでは、省エネ型製品の販売で低炭素型社会に貢献します!
商品販売におけるCO2排出削減(単位:トン)
  8月 9月 10月 年度累計
テレビ 234.1 193.3 178.6 1,402.6
冷蔵庫 386.8 278.3 201.4 2,035.6
エアコン 277.0 83.4 44.7 1,085.2
月間合計 897.9 555.0 424.7 4,523.4

※買い替えによる販売台数が対象

※ テレビ:2010年型と2017年型の液晶32V型テレビの年間消費電力量の比較(省エネ性能カタログ夏版?冬版の単純平均値)

※ 冷蔵庫:2010年型と2015年型の比較。消費電力量は401?~450?の平均年間費電力量の目安から算出。期間消費電力は、日本工業規格JIS C 9801:2006に基づくAPFから算出された試算値です。

※ エアコン:2008年型と2018年型の比較。期間消費電力は、日本工業規格JIS C 9612:2005に基づくAPFから算出された試算値です。

※ テレビ、エアコンは「省エネ性能カタログ2018冬」、冷蔵庫は「省エネ性能カタログ2016冬」を参考に算出しております。

※ CO2換算係数:0.55㎏-CO2/kWh

労働環境
改善提案

「社員全員参加の経営」を目的とし、日常業務から経営全般まで、より良い業務ができるように、社員一人ひとりが現場の目線で積極的に提案を行う「改善提案制度」を設けています。

改善提案提出店舗数及び提出件数
  8月 9月 10月
提出店舗数 35店 26店 37店
提出件数 45件 40件 52件
改善提案採用及び実施完了件数
  7月 8月 9月
採用件数 1件 0件 0件
完了件数 0件 0件 1件
障がい者雇用促進
障がい者雇用者数 8月 9月 10月
424名 431名 434名
コンプライアンス
10月度の取り組み
テーマ

独占禁止法について

内容

独占禁止法に関する勉強会を実施いたしました。