2022年度【CSR月次活動報告】
4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月
バックナンバー
2022年度 2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度
2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度
2010年度 2009年度 2008年度      
2022年4月度CSR月次報告
トピックス
ヤマダホールディングス SDGs貢献活動
「食」の課題解決に向けた取り組み「フードドライブ」活動を実施

  2022年4月20日(水)高崎市社会福祉協議会におけるフードドライブの取り組み主旨に賛同し、高崎本社にて食品ロス削減等の社会課題解決に向けた取組みの一環として、「フードドライブ」活動を実施しました。今回の活動はフードロスや環境保全等、SDGsの課題を“自分ごと”と捉えて、行動変容を促すきっかけとなることを目的に実施しました。

 当日は多くの方の協力を受け642個の食品が集まり、同日に高崎市社会福祉協議会へ寄贈しました。寄贈した食品は各団体様への支援品として活用いただきます。

 ヤマダホールディングスは、これからもCSR経営の一環として、地域社会の貢献活動に取り組んでまいります。

トピックス
CS(顧客満足)

修理・配送・工事

修理受付から完了連絡が9日以内の構成比

2月

46.7%

3月

49.7%

4月

56.6%

配送工事に関する重点教育テーマ

2月

・新規CS責任者研修  11名

3月

・新規CS責任者研修  9名

4月

・新規CS責任者研修  9名

社員教育

新規オンライン学習コンテンツ

2月

43コンテンツ

3月

29コンテンツ

4月

31コンテンツ

階層別教育

2月

1開催 28名

3月

1開催 32名

4月

2開催 50名

テーマ
オンライン商品勉強会、階層別教育の実施について

取り組み内容

オンライン商品勉強会におきましては、当社オリジナルエアコン「RIAIR」の2022年モデルの発売を前に、現行モデルからの改良点や特徴、設置工事における注意点などについてオンライン商品勉強会を実施しました。初代モデルの機能を受け継ぎつつ、一部モデルは外気を取り込んで、室内に新鮮な空気を届けると「換気機能」を搭載している良さをお客様に説明できるような内容で実施し、CS向上に向けて取り組みを行っております。
階層別教育におきましては、本社及び、店舗のミドルマネージャーを対象に研修を開催いたしました。業務を進めるための判断力や、判断を行うために自身の業務の洗い出し・俯瞰する目線について、ディスカッションを行いました。受講生内で共有することで新たな気付きを得られ、自身が実践すべき行動目標を持つことができました。

お客様からのご意見・ご指摘
  件数 店舗人員 1人当たりの発生率
お礼・お褒め 42件 31,153名 0.13%
苦情 54件 0.17%
グラフ
グラフ
グラフ「クレーム(配送・工事)一人当たりの発生率(%)」
環境活動
温室効果ガスCO2削減(単位:トン)
デマンドコントローラー ※1 ※2
グリーン電力(本社社屋) ※1
グリーン電力(本社社屋を除く) ※1
4月 5月 6月 年度累計
2,695.6 - - 2,695.6
店舗屋上への太陽光発電装置設置による発電量(単位:kWh)
4月 5月 6月 年度累計
3,796,139 - - 3,796,139
リユース・リサイクル事業
家電リユース(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機)(単位:台)
4月 5月 6月 年度累計
6,259 - - 6,259
パソコンリユース(単位:台)
4月 5月 6月 年度累計
36,364 - - 36,364
インクカートリッジ回収(単位:個)
4月 5月 6月 年度累計
87,179 - - 87,179

※1 CO2換算係数:0.55㎏-CO2/kwh

※2 目標値からの削減量をCO2換算(目標値=デマンドコントローラー導入店舗の過去5年間の使用電力量の平均の107%の値 ※デマンドコントローラーを導入することにより7%の削減が見込めるため)

ヤマダデンキでは、省エネ型製品の販売で低炭素型社会に貢献します!
商品販売におけるCO2排出削減(単位:トン)
  4月 5月 6月 年度累計
テレビ 166.4 - - 166.4
冷蔵庫 227.5 - - 227.5
エアコン 63.7 - - 63.7
月間合計 457.6 - - 457.6

※買い替えによる販売台数が対象

※ テレビ:省エネ性能カタログ2020版 41ページ より。2010年型と2019年型の液晶40V型テレビの年間消費電力量の比較

※ 2010年~2017年:省エネ性能カタログ夏版•冬版の単純平均値、2018年~2019年:省エネ性能カタログPDF版の平均値

※ 冷蔵庫:2010年型と2015年型の401ℓ~450ℓの平均年間費電力量の目安から算出。期間消費電力は、日本工業規格JIS C 9801:2006に基づくAPFから算出された試算値です。上記基準を2020年度用に変更しています。

※ エアコン:省エネ性能カタログ2021版 18・29ページ、省エネ性能カタログ2010年版夏・冬 各16ページ より
2010年型と2020年型の比較。 冷暖房兼用・壁掛け形・冷房能力2.8kWの寸法規定クラス。出所:省エネ性能カタログ2021年版
2010年~2017年省エネ性能カタログ夏版・冬版の単純平均値。2018年~2020年:省エネ性能カタログPDF版の平均値

※ CO2換算係数:0.55㎏-CO2/kWh

労働環境
改善提案

「社員全員参加の経営」を目的とし、日常業務から経営全般まで、より良い業務ができるように、社員一人ひとりが現場の目線で積極的に提案を行う「改善提案制度」を設けています。

改善提案提出店舗数及び提出件数
  2月 3月 4月
提出店舗数 6店 10店 7店
提出件数 9件 12件 12件
改善提案採用及び実施完了件数
  1月 2月 3月
採用件数 0件 0件 0件
完了件数 0件 0件 0件
障がい者雇用促進
障がい者雇用者数 2月 3月 4月
428名 518名 541名
コンプライアンス
4月度の取り組み
テーマ

内部統制システムの整備

内容

運用状況の確認と体制整備を実施